中古車売却についてのトラブル相談は増える一方

国民の消費に関連する相談窓口である国民生活センターでは、中古車関係の金銭的なトラブル、取引上の不信感といった相談が相次いでいます。特に中古車売却についての事案は増える一方です。例えば一括査定サービスを使ったところ、電話勧誘が鳴り止まない、契約するまで帰らないと言われ、押しきられる形で不本意な契約をしたといったものです。一人ではつけこまれやすいので、変だと思った時点で、消費問題に詳しいプロなどに話してみることをお勧めします。ベビーシートやジュニアシートなどを取り付けたマイカーを査定するために業者が来るのであれば、はずしてから査定に臨む方がいいです。実車査定ではたとえブランド物のチャイルドシートすらプラスになることはまずないからです。しかしながらチャイルドシートのように使用時期の限られるものはUSEDで探している人も多いですから、それだけで売りに出してもきちんと値段がつくものですし、オークションでもブランド製で美品なら驚くほど高値で取引されていることもある位です。車の売却査定を依頼する際は特に用意するものはありませんが、買い取り先を決めて本契約となったら、必要な書類はひとつやふたつではありません。また、役所で発行される印鑑証明書などは代理人が行けば後日郵送になってしまいますし、苗字が結婚などの理由で変わっている時や、現住所と書類の住所が一致しない場合は別途書類が必要となるので業者に確認しましょう。

車を売る気持ちが固まったら先に書類を揃えておくのも良いかもしれません。専門家である買取業者からすると、個人がいくら隠そうと努力してみても車の修理歴、ましてや事故歴などは隠しきれるものではないです。事実を隠すという行動は単なる不誠実というよりも法的な問題に発展します。その後の交渉にすら支障をきたすでしょう。修復歴をあえて隠すというのは法律上では告知義務違反に相当する大問題で、もし発覚すれば解約返金も当たり前です。こうしたトラブルを避けるため契約書の記載でも虚偽申告に関連した記載がかならずあるものです。車を査定して欲しいからといって、現物をいきなり店舗に持ち込んでしまうというのはよほど急いでいない限りおすすめしかねます。複数店舗の査定額などその場では比較しようもありませんので、足元を見られることもあり得ます。あえてメリットを挙げるならば、売却にかかる時間が最短で済むということです。買取対象となる商品を持ち込んで査定を受けるので、あらかじめ書類を整え、必要に応じて実印や印鑑証明も用意しておくと、その日だけで売却手続きが終了する場合もあります。一括査定サイトなどに登録している業者は大抵、夜間でも訪問査定をしてくれます。昼間の査定と比較すると夜のほうが車のキズやヘコミが見えずに済むので、減点が少なくて済むので結果的に高めの査定を得られると言われています。

けれども、屋外照明が蛍光灯や豆球の懐中電灯だった頃ならともかく、いまとなっては昔話です。平日の査定となると夜間の指定は珍しくありませんが、なるほど夜間は光源が乏しく、同じく薄暗いという点で雨や曇りの日には見えにくく、不慣れな査定士だと多少の見落としはないとは言えません。ただ、それはあくまでも可能性の話です。その一方で、磨き上げられてピカピカの車体は昼間の自然光でこそ美しさが際立ちます。ですから、どちらが良いとは一概には言えません。たとえ車そのものは綺麗でも走行距離が10万キロを超えるとなると、俗に「過走行車」と言われます。査定サイトなどを使って売ろうとしてもタダ同然になることが多いです。車は命を預ける乗り物ですから、安全性を考慮して過走行車や事故車は敬遠されるのが普通です。このような場合にも、売却する方法がないわけではありません。事故車や多走行、過走行の車の取扱いを専門的に行っている買取業者に相談したほうが値がつきやすいです。買取り先を探すのが面倒なら下取りにすれば手間も要りませんし、ディーラー側はそこは商売のしどころですから、買取りよりは高値をつけてくれるかもしれません。一括査定サイトを使って中古車の売却をするように、車の保険にも一括見積りできるサイトがあります。

毎年更新される自動車保険というのは貯蓄部分がなく、掛け捨てで、続けても契約者にお金が戻ってくることはありませんから、より条件の良い保険会社があったら移ったほうが断然トクということになります。中古車一括査定や生命保険一括見積りのサイトなどと考え方は同じで、誰でも無償で利用できるのが特徴です。たった一度の入力で複数の保険会社の掛金や保障内容を分りやすく比較できるため、検討にはもってこいです。期末であり年度末決算も抱えた3月と、夏のボーナスのあとで暑さが落ち着いてきた9月は販売店としては車がよく売れるトップシーズンです。中古車販売業者の多くはこの時機を逃さずもっと売りたいと思うものです。したがって中古車の買取額も高値基調となるのが普通です。今すぐ車を売却しなければいけないというのでなければ、9月というのはまさに売り時です。逆に決算終了後の4月には査定額が全般に下がり気味になります。一般に海外の車というと国産車に比べて、業者による買い取りの際は値段が安くなりがちです。日本全国での車の流通実績で見た場合、輸入車というのは国内メーカーの小規模なメーカーと比べてもはるかに少ないですし、修理費もかかりやすい上、市場価値の判断がつきにくく、取扱い店舗によって査定額はまちまちです。つまり輸入車を高く売る最良の方法としては、なるべく多くの業者の査定額を集めて検討するのが有効です。車買取では保険などと同じように一括見積りサイトの利用が便利です。これなら複数業者の査定額が本当に簡単に手に入ります。

チェック⇒ハイエース 買取相場